年金、不安どころじゃないわ、毎年1%減っていくなんて・・・2%なら20年後、半額近い・・・働こうと思った

◆広告エリア

定年まで、2年を切った。

実際問題、もうすぐ88才になる独居の母のことを考えると、

後、2年も働けるかどうか、分からないけど。

とりあえず、今は、少額だけど、

年金を増やしている状態だけど、

それも、もうすぐ終わる。

65才から社保かけてまとまった給与をもらえる仕事、

ないと思うのよね・・・

間違いなく、65才からのシニアの仕事は、狭き門だ。

スカイラークは、定年を75才に延長、って言ったって、

やった事ない仕事、

いきなり成功するのは、難しいと思う。

何かしら、仕事を探すとしても・・・

去年から、言われている年金削減、

毎年厚生労働省が出している年金額改定額は、

確かに、減ってきている。

今後、毎年1%-2%減っていくらしい。

恐ろしいことになるわ。

65才開始で、毎年、1%減るとしたら・・・

10年後の75才で、10%

20年後の85才で、20%、

85才で、まだボケもせず、存命だとしたら・・・

2割減るって・・・・生活が成り立たない。

年金額を12万、と想定しても、20年後には96,000円、

こりゃ、早く死んでください、みたいなもの(-_-;)

1%で想定して、これだから、

2%となると、じっと動かず、息もせずに生きなきゃいけない(笑)

でも、年金生活って・・・今より、お金がかかる気がする。

基本、365日フリーなんだから、

どこに行くのも、何を食べて、何をしようとOK,

どういう時間の使い方をしても、

長年働いた後の、天下御免のご褒美の時間だ。

だけど、美術館に行くにも、

日帰りバスツアーに行くにも、お金がいる。

なんか、お先、暗い話だわ。

それを回避するのは・・・

年金・・・年金を増やすのは、もう望めない。

となると、貯金するしかない。

そんなタイミングで、消費税10%?

年寄りは老後のために、ますます、タンス預金に走るし、

お金は、世の中に回ってこないと思うな・・・

まあ、どうなっても、

貯金するしかないわけだ・・・答えは出ている。

でも、お金のある方はさほど緊迫した問題でないかも(笑)

それに、自宅があったり、

夫婦二人でも年金額や、

それに足すこと、生命保険の個人年金、

預貯金もあればね、死ぬまでは何となる家庭も多いかも。

20年後、20%減った年金で、

介護が必要となったら・・・これまた、いくら必要なんだろう。

怖い計算も、身近な問題になってきた。

で、今、することは?

私の場合は、働くこと、それに尽きる(笑)

しかし、20%も減るなんて・・・

2%削減なら、年金、半分近くになるのですけど・・・・

あんまりだ、代官様~

平成の世も、その次の世も、代官様と言うのは、極悪非道というところらしいね。

昨日の弁当。
豚まん、持ってきました。
コンビニサラダが冷たいので、
後は、暖か飯、です^^

晩ごはん、
バケットにチーズのせて。
割引サンドイッチも買う。
帰り道のコンビニで、ドーナツを衝動買い。
駅のベンチひとり、食らう。
いいじゃないか、一日働いたご褒美だ(笑)

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加