賃貸契約の保証人、これで、また不仲の夫と揉める・・・・私の引っ越しの時の保証人は?

◆広告エリア

疲れました。

引っ越しって、62才のバアサンには、

かなりハードでした。

自分の引っ越し・・・・

もし、離婚して、この家を出ることになったら・・・・

超らくらく引っ越しで、

おもいきり断捨離して、

身一つで引っ越さないと、寝込むな・・・・

そんな事を考えたり(笑)

到着後、荷物は入れたものの、深夜で、

ふとん袋を探す間もなく、

何しろ、ワンルーム、

歩く空間もない。

荷物を出すと同時に、アパートに向かう娘、

現地で待ち合わせしたものの、

こりゃ、今夜は無理、

第一、近所迷惑だ、という事になり、

まずは、ご飯(笑)

とりあえず、荷物は入った。
乾杯はしないけど、
ご飯にしようと、サイゼリアへ^^

今夜は、まだ、終電まであるから、

実家で寝て、早朝に出て行けばいいんじゃない?

という事で、深夜に帰宅。

しかし、布団、ないねぇ・・・(笑)

あるもの、重ねて寝ることに。

安い第二便の引っ越し、

いいけど、よっぽど、計画立てなきゃ、

引っ越し先で、ダンボールの隙間で夜を明かすことになりそうです(笑)

今回のアパートの賃貸契約、

保証人を夫を書いてししまったものだから・・・・

超、面倒な事になってしまいました。

「保証人って、どういう事か、分かってるのか」

「印鑑証明なんて、怖くって、取れるか」

・・・・・・

あのねぇ、

アパート契約の保証人と言うのは、

金融関係の保証人とは、また違う。

確かに、家賃滞納の際は、保証人だけど、

娘は職もある。

倒れたり、何か不慮の事故の際の連絡先だ。

私が離婚して、初めて引っ越しする際、

昔の同僚が、

「引っ越しする時、保証人っていうのが居るからな」

「一人暮らししたことないだろ」

「あれは、うちの会社の保証人と言うのと違うから」

「いつでも言ってこいよ」

そう言ってくれたが、

借金の肩代わりの保障ではない。

なのに、夫は、超もったいぶって、

最後の最後に、印鑑証明のカードを娘に貸した。

なんだかね、

ウッカリ、夫の名前を書いちゃって、

面倒ないきさつがありました。

その話だけでも、数時間、娘は座らせれて、

コンコンと話を(・_・;)

気持ちよく、送り出してやればいいのにね・・・。

まあ、なんとか、全て終わりましたが。

私の名前を書くべきでした。

「母さん、収入少ないから、アパート借りられないと思った」そうだけど・・・

確かに(笑)

今日は寝坊助、

弁当作れず。

さて、まずは出勤だ。

快晴の秋空。

といっても、今週末はもう、12月だ、

あっという間ですね。

しっかりしなきゃあなぁ・・・。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加