不仲なひねくれ夫に無視される、鍵かけなきゃ危ないだろ!胸肉きのこソテー、

◆広告エリア

危なかった・・・

命があってよかったわ。

しかし、正直、寒気しました・・・(-_-;)

朝、起きると、

時間は5時20分、

階下に降りていくと、ムチャクチャ部屋が冷えている。

えっ?

なんと、一階の庭側の窓が、

雨戸は閉めているものの、ガラスのサッシを閉めておらず。

その上、その雨戸は施錠せず、

・・・・・

これじゃあ、外からソロソロ開けたら、

そのまま居間に入れる状態だ。

そして、台所、北側の小窓は、全開。

そりゃ、風も通る。

雨が降っていなかったので、濡れたものはないけど・・・

不仲な夫は、雨戸の施錠をしない。

ガラスのサッシも、きちんと最後まで施錠せず、

何度、危ないから、と言っても、

「泥棒なんて、入ろうと思えば、どうやったって入るものだ」

変な理屈をこねる。

とりあえず、東京に隣接していて、

野中の一軒家でもない。

最近は、そんな地方の年中、施錠したことない、

という場所でも、殺人事件は起こっている。

ましてや、トラックが出入りしやすいように、

門ペイも解放したままだ。

誰だって、庭先、居間の前まで入ってこれる。

とんでもないよなぁ・・・・

イヤだ、

ここで死ぬのは、イヤです。

第一、まだ25年しか生きていない、

これから・・・という娘だっている。

いい迷惑だ。

ボケてきたのだろうか・・・

誰だって、ウッカリはあるけど、

これはマズイでしょ。

ところが、夫が起きてきて、事実報告をすると、

知らん顔、

顔色一つ、変えない。

おいおい、返事は?

ホント、性格、ひねくれているね・・・

「わあ、忘れてた!?危なかったなぁ・・・気を付けるわ」

普通、そんな受け答えになるのじゃないのかな・・・

「聞いてるの??」と言うと、

そこから、バトルロワイヤルが始まるのは分かっているので、

朝から、気分も悪いし、それ以上は追求せず。

こちらは、分刻みで動いている。

相手はしていられない。

玄関のドアと勝手口は、必ず、寝る前に確認していたけど、

夫は現場から夕方、明るいうちに帰宅するので、

庭の前のサッシは夫が閉めていた。

頼った私がいけなかった。

今日から、全部チェックしよう。

犬が居た頃とは、状況も違う。

しっかりしなきゃあなぁ・・・

しかし、「ゴメン」という言葉、

使った事ないの?

人間、素直が大事です。

5分飯、

帰宅が同時でした。

流れ作業(・_・;)

カウンターで、まだかと待ち(笑)

ピリ辛味で。

胸肉と葱、

あとは、冷蔵庫のもので^^

買ってきたサンドイッチ、

口に放り込んで、

食べたら、急いで出かけていきました。

結局、ひとり飯。

今朝の子弁当。

しかし、若いって元気です・・・

そういう時もあったのだろうなぁ~

もう忘れましたが。^^

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加