紀州のドン・ファンと呼ばれている方が亡くなられ、 その愛犬の死が変だとか・・

◆広告エリア

数えきれないくらい、

お通夜には出席したし、

告別式にも参列してきたけど、

寂しいものですね。

生前、どんな方だったのか知らなくても、

仏さんになられ、飾られた遺影、

笑顔がいいな・・・と思いながら帰ってきました。

昨日、参列した方のは、

ムチャクチャ怖い顔をしていたので(・_・;)

もうちょっと、なんとかならなかったのかなと。

全身病気という、

樹木 希林さんは、もう遺影の撮影もしてあるとか。

確かにね、

ああいう時は、それどころじゃなくなる。

自分の気に入った写真を決めておくのはいいと思う。

娘の携帯に送信しておこうかな?

まだ、早いけど(笑)

PCはロックをかけている。

死んだら、事件性でもない限り、

開かずのPCで処分だしね。

まさか、30代、40代のは無理がある。

加齢とともに、遺影写真も更新していかないと(笑)

自分の写真って、滅多に撮らないものなぁ・・・

まあ、そのうち、時間が余りあるようになるはず、

どこかに行きたいね、

拠点を関西に移して、

奈良・京都・神戸・和歌山・三重・・・・

夢は膨らむ。

それはそうと・・・・

紀州のドン・ファンと呼ばれている方が亡くなられ、

その愛犬の死が不審だとか・・

「老衰だと、スーっと亡くなるイメージですよね。」

ところが、もがき苦しんだ形跡があるとかないとか。

そうなんだ・・・・

犬種にもよるけど、

見送ってきた飼い犬は、

みな、14-16年の老衰でした。

遠吠えのような鳴き方をして看取った子もいれば

最後の最後に、死にたくないと、

ひたひたとやってくる死が理解できず、

抵抗して、泣く子もいる。

犬は検死とかしないものね。

若かったら、何か病気があっただろうし、

安らかに見送り、

思い出を大切にしてあげてほしいものです。

飼い主さんも、お亡くなりになっておられますから、

また、あちらで一緒に散歩でしょうか。

と、言いつつ、

まだまだ愛犬の死から、立ち直れない、

ペットロス中です。

しょっちゅう、夢に出て来ては、

嬉しそうな顔で、笑って消えていきます。

この背景で、この年齢で、

ペットを見送るというのは、辛いですね。

日増し薬と言うけど、

日ごと、つらくなる気配です(・_・;)

昨日は、午前中で早退したので、

数品、作ってでかけました。

チーズにカレー味に。

いつもの簡単酢焼き。

ブリ照り焼き。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加