不仲な夫が意外な事を言った・・・夫も人の子なんだと・・・やきとり、朝カレー、カレー弁当

◆広告エリア

意外なことがあった。

珍しいことだ。

こういう事が、年に一度か二度ある。

昨日、仕事を終えて自宅に戻ると、

不仲な夫から、

「冷蔵庫に焼き鳥があるけど食べる?」

というお誘いがあった。

もちろん、無料ということだ、と思う。

「食べる?」ね・・・

食べるに決まってるじゃん(*^^)

お言葉に甘えて、素直に、いただくことにした。

「食べるよ、ありがとう」

そして、またまた、意外な言葉が、

夫の口から出てきた。

「いつもココに居て、うるさかったけど・・・」

「鳥が居ないと、寂しいね」

・・・・・

今回の実家帰りの際は、

ペットの鳥のお世話を、夫と娘に託しました。

夫は、犬が居た時も、可愛がっていたし、

娘曰く、

「死んだ時、母さん気が付かなかったと思うけど・・」

「父さん、泣いてたよ、ビックリした」

夫も人並みの感情があるという事なんだろうけど、

でも、しかし、

相変わらず、食費も生活費も、経理事務のお金も出さないですが(-_-;)

犬が死んでから、

思えば、夫は家の中で極端に会話が激減したと思う。

私は、今もペットロス状態で、

毎日、自分を責めては、ベソベソ泣いているが、

それでも、鳥の存在は大きいと思う。

会話ができるレベルのお喋りな鳥なので、

「母さん、お仕事、行ってくるね」

「明日、お休みだからね、お留守番しててね」

「待っててね、いい子でね」

朝から、何かと鳥に話しかける。

鳥はと言うと、

「オシゴト!」

「オルスバン、ゴハンタベルネ」

「オソウジシタノ?」

唯一の話相手で、笑わせてくれる。

これって、大きいよね・・・。

夫もペットロスなのかもしれない。

寂しいのだろうな・・・

と言っても、ションボリ落ち込んでいるわけでもなく、

相変わらず、不仲で、

突き刺さる言葉や、汚い言葉も吐くけど・・・

鳥を数日、食卓のテーブルに置いていたので、

情が移ったのかもしれない。

加齢で気弱になった?

そうでもない、

仕事現場に、ゴルフにと、精力的だ。

まあ、よく分からんですが、

夫も人の子なんだなぁ・・と思いました。

とりあえず、昨夜は、同じ食卓で夕食をいただく事にしましたが、

「ごちそうさまでした、美味しかったわ」

お礼も言いました、

それ以上の会話はなかったですが。

しかし・・・・

私が病気になったり、

働けなくなったら、どうするのだろう?

分からんですね、

まったく、先は不透明。

その時の為にも、

お金だけは貯めておかないとね、

転ばぬ先の杖、と言うか、そのものだと思います。

焼き鳥、

頂きました。

ご馳走様でした^^

母弁当、

カレー持参です。

チンして、冷房で冷えた身体、

暖目ました^^

子弁当、

同じくカレー、

朝カレーもしっかり食べていきました^^

赤いバラが咲き始めました。

いつも連休明けです。

毎日、犬の写真の前に、

お花、咲いたよ、

オヤツとお水、置いとくね、

母さん、行ってくるからね、

そんな朝の風景です。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!