高齢独居の3時のおやつ、パクとモグ、便利です・・・泣きそうになったこと。

◆広告エリア

先日の実家で、

何、コレ?というのがあった。

元は、数年前の実家帰りの際に、

東京駅で買った、「鎌倉五郎の半月」だった。

これを母は、たいそう気に入った。

近所のデパートでも販売していたようだが、種類が少ないうえ、

ただ、タクシーや電車に乗り換えてい行かなきゃいけない。

そこで、母は考えた。

同封のパンフレットからお取り寄せができると知った。

そこから、パクとモグ、になったらしい。

お菓子の通信販売だ。

サイト、貼っておきます。

パンフレットを見た。

ふふふ、

めげない、まけない、へこたれない、ってまさに私じゃないか・・参ったな(笑)・・・

実家にはネット環境は無い。

86才の独居の母は、一人で色々、考えていたようだ。

近ければ、同居なら、

ハイ、お土産~と買って帰れるが、

ちょっとそれには遠い。

お取り寄せで美味しかったからと、

鎌倉五郎の半月や、鳩サブレが宅配の箱のなかに入っていたりする。

逆輸入だな・・・

すみません。

もっと、早く気が付けばよかった。

今回、母に言われた事。

「私、最近、○○ちゃんみたいに(私のことである)行儀、悪くなって・・」

「晩御飯のあとすぐに、ちょっとお菓子が食べたくなるのよ」

「美味しいお菓子が生きがいになったわ」

母は確かに、行儀もいいし、きちんとしている・・・自分とは違う。

そういう母から聞く、お菓子が生きがいとは驚いた。

ハロッズのクマが並びだした時期もあった。

アチコチにクマが出現した。

私が家を出たすぐ後くらいで、

寂しかったのだろう。

でも、母は何も言わなかった。

そして、お菓子についても、自分で探したようだ。

たかが、お菓子だが、

毎回、お皿にのせて食べている。

忙しいから、時間が無いからと、

盆暮れくらいしか、送っていなかった自分だが、

色々、反省する事の多い、実家帰りだった。

母にお菓子を送れるって、幸せなことだ。

喜んで、食べてくれる人が居るのだから、

今回のお土産は、

慌てて東京駅で買ったのだが、美味しいと言っていた。

このダルマのが、

「八起だるま」で、

試食したが、モチモチしていたので、買った。

きっと、今頃、取り寄せているかもしれない。

新幹線、改札中、待合所横でした。

これが、パクとモグ、

ふーん、そうなんだ。

これなら、ポチも不要だ。

「半月」は大丸東京で歳暮にしてたけど、

そろそろ、新種、探そうと思います。

母と夕食の時、ふと、私の手首を持ち上げた。何だろうと思った。

鍋に袖が入りそうだったらしい。(笑)

61才なんですが・・・・母にはそれが、ごく自然だった。

ちょっと、泣きそうになった。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加