差し押さえになった家の前を毎日歩く・・・・数か月後の我が家の姿かも(-_-;)

◆広告エリア

明日は我が身、

まさしく、この言葉がピッタリになってきた。

むむむ・・・・他人事じゃないわ。(-_-;)

自営の同業者で、

高齢化のため廃業、というのは、珍しくない。

他の業種でもよくある事だ。

よくある10年後に消えていく職種、というのもある。

我が家のように、土木関係でなく、

伝統工芸の分野であっても、消えていく。

その上、継承者が不在であれば、もっと致し方ない。

ところが、後継者問題でなく、

自己破産で廃業、というのはちょっと厳しい。

最近、よく知っている家が自己破産された。

その差し押さえになった家の前を、

毎日、通って通勤している。

つい先日までは、

暮れも近いのに、気の毒になぁ・・・・と思っていたが、

まさか、こんな展開になるとは・・・。

まさに、数か月後の我が家の姿かもしれないのだ。

差し押さえといっても、

今時、執行官が来て、赤札をペタペタ張る事はない。

静かに、静かに、事は進められていく。

そして、自己破産した家族の生活は最低限、保障される。

その夫さんの名義では向こう10年か15年、

ローンも組めないCIC情報や帝探ブラックになるだろうけど、

家族は問題ない。

奥さんが数年前から働きに出ていたので、

妻の名義で、早くも近所で新築物件を購入し、

こども3人とともに、暮らしているそうだ。

確か、大学生が二人に高校生のはずだ。

奨学金だってあるのだから、

子が親の犠牲になる事もない。

自己破産って・・・・

なかったことにして~

1から出発よ~

という事なんだろう。

しかし、踏み倒された側から見ると、

なんとも割り切れないが。

両方の立場なので、微妙なとこだ。

破産物件は、まだ売れていないようだ。

きっと、国の決算期や〆があるのだろう。

あの、新聞に一斉に載るヤツだ。

広い土地とデカイ家なので、

更地にして、分割販売されるのかもしれない。

なんだかなぁ~

かなり、限りなく、身近な問題じゃないか、

胃が痛くなるわ。

最近、胸焼けが多いのはそのせいか・・・(-_-;)

一度、胃カメラ飲んだ方がいいのかもしれない。

昨日の弁当、

トン汁、ホカホカ容器で持参。

考えたら、食堂でレンチンすればよかった。

水筒2本もあるので、

以外と重かったです。(^_^;)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!