幸せな焼肉・・・だけど、つまづいて転倒する。

◆広告エリア

残念なことだ。

折角、厄介なのが1週間も不在というのに、

毎日、会社に出勤だ。

家でのびのび、のんびり過ごしたいな。

まずはTVの前の座椅子を夫の部屋に移動させ、

スッキリ~♪♬

でも、自分の帰宅は8時近く。

翌朝出勤までの時間しかない。

寝るのが惜しい。

娘もあわせて夜勤明けから帰宅してきた。

キレイに洗ったお風呂でゆっくり浸かったし、

居間のソファーで寝転ぶなんて、1年ぶりだ。

こんなにも、生活するのが快適だなんて、

すごい事だなぁ。

だれもが感じる日常のストレスも癒されていくのが分かる。

夫が長年、単身赴任の友人は、こういう生活?

そう言う夫婦は、仲良しだったりするから、

寂しいのかもしれないけど。

盆と正月、クリスマスと誕生日、全部あわせても、

これほどのステキな時間は無いと思う。

まずは、焼肉ーーww。

昨日、肉屋に行き、買っておいた。

極上のお肉だ。

娘と美味しいねと、頷きながら食べる焼肉。

金持ちなんだな、

というイヤミを言う人もいない。

素直に、美味しいと言える幸せだ。

ところが、

今日、帰りのバス停近くで転んだ。

バチが当った?

まさか。

まだ食べる前だったけど・・・。

太ると言うのは、何事においてもよくない。

つまづいて、

両手に荷物を持っていた上、

坂になっていたので、起き上がれない。

ダルマさんだ。

スカートだったら、丸見えだったはず。

近くの男性が3人、飛んできてくれた。

自分で起き上がろうとしても、坂なのでまた元に戻る。

かなりのオデブ状態で、

支える力がない。

恥ずかしいというより、どうしたことか!?という感じ。

痛かったし、パンツは破れてたけど、

でも、涙が出そうに嬉しかった。

1人は自分の荷物を放り出して、駆け寄ってくれていた。

人の優しさに触れ、

人間、捨てたものじゃないな、

なんだかんだ言ったって、日本人ってみんな、やさしい。

礼を言って、歩き出しながら、

そうなんだ。

そんな世の中で暮らしているんだな。私は。

そう思った。

帰宅し、娘に言うと、

えらい太ってるよね、

ビックリした。

血圧は心配するので黙っていたが、

オデブは隠せない。

それだけ太るとよくないよ。

いや違う、バセドウ、バセドウの薬の関係。

なら、気をつけて摂取カロリーを抑えるべきでしょ。

怖いな。

わかっているけど、それができない。

しかし、転ぶと痛いです。

そんな童謡、あったっけ。めぇ~って泣くヤツ。

やっぱり、今日はお肉、いっぱい食べて、

明日から、ダイエットしよう、と思いました。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加