関西学院大学の記者会見、小野ディレクター、監督の話に聞き入る、さすが、関西学院だわ・・・最近食べてる旨いヨーグルト

◆広告エリア

昨日は、帰宅してから遅くまで

関西学院大学の記者会見の動画を見ていた。

被害者になる学生のお父さんも一度、退場されたから、

改めて会見されていたが、

会見が始まり、「着座で失礼します」とあいさつをされ、

本題に入っていた。

日大の会見とは、随分違うなぁ・・と。

そして、小野ディレクターの分かりやすく、

明確な記者への説明、

不要な無駄のない会見の進め方、

久しぶりに感激した。

そして、監督の修飾のない事実に対する実のある会見、

その不足分をさりげなく加筆するような小野ディレクター、

気持ちよかった。

お二人とも、そして、

議員更新されない前提でのお父さんも、

だれもが、加害者である学生の救済を願い、

ウソでしどろもどろだった相手側の監督やコーチに対する、

真実の公開を願っておられた。

あの学生が、若干20才で、ただ一人で向き合った会見で、

なんと気概のある素直で、純粋な子だろうと、

胸が痛み、涙が出てきたが、

そう思われた方も多いのではないかと思う。

20才だよ、

学生で、社会にも出ていない。

某大手クリニックの経営者が、是非、わが社に心底惚れるのも無理はない。

関学って、そんな学校なんだろうな。

生徒って、育てるものだ。

会見の中で、言われていた。

「ろうそくのそのちいさな火が消えないように、はぐぐみ育てる」

何と言っても、教育機関だ。

私の卒業した高校から、

毎年、卒業生の進路の通知その他、学報が届く。

例年通り、関関同立、産近甲龍には毎年、数百名入学する。

昔から、関西学院は昔から人気があった。

その理由、分かるような気がする。

お金や政治の絡む学校問題で、毎日ニュースは賑やかだが、

基本的に、子供の教育という原点に立つとき、

何が一番大切か、

言わずと知れたことだと思う。

日大の生徒たちも、どの学生たちもの将来が、

明るく開けていくことを切に願うばかりだ。

そうしなくちゃイカンのだよ。

数日前の晩ごはん、

大体、オカズは作ってから、

3日以内で食べきっています。

娘が夕食を食べない日が続くと、

毎日、同じです(笑)

昨日の母弁当、

最近、コレを毎日食べています。

あのギリシャヨーグルトより、

ちょっと多くって、安い(笑)

こんな感じ、

ソースが大目です。

会見のユーチューブ、

みなさん、ご存じだと思うが、一応、貼っておきます。

上に一杯出てくるコメントが不要な場合、

ユチューブから入ると、消せたと思います。(ロウソクの話、1:10辺りから)

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加