友人がシェアハウスを始めた・・・参考になる?(笑)・・・今日の弁当はうすアゲ餃子

◆広告エリア

今日は、思い立ったが吉日、

ということにして、テンション上げて、

消化器内科の診察に行ってこようと思う。

だけど、まだグズグズしている。

寒そうだ・・・だけど、お日様は出てきた。

今回は、昨日一日出勤で、飛び飛びシフトで今日休み、

まだ身体は動くので、今日しかないと決めた。

どちみち、いきなり胃カメラは無理で、

症状から胃カメラ検査の予約で終わると思う。

年内?どうかなぁ・・・

とりあえず、予約入れて、

その後はラストスパートで夫の仕事探しだ。

なんで私が・・・と思う時もあるけど、

目の前に、倒産、破産、差し押さえ

凍りつく恐怖の3セットが控えているので、

どうのこうの言ってられない。

昨日、書こうと思っていた、

表参道の蕎麦ランチの、

友人のシェアハウスの一件(笑)

まさか、そんなことになってるとは思わなかった。

ひとり暮らし歴20年の友人が、

たまたま友達夫婦と食事をしていた時、決まったらしい。

「そうなのよ、それがね、タマタマなのよ~」

「ワタシの友達夫婦が近所のマンションに住んでいて・・・」

「そのお母さんも、近所の賃貸マンションに一人でおられるの」

「それが高齢だし、心配だからって、」

「ワタシの家賃も8万だし、いいお値段じゃない~」

「じゃあ、一緒に住んだら?余ってる部屋もあるし、ってことになって」

「もう、トントン拍子で話が決まっちゃったのよ」

・・・・ものすごい勢いで、一気にしゃべる。

「それでね、ワタシ、今、友達のお母さんと一緒に暮らしているの」

はあ?もう住んじゃったわけ?

「そうよ、もう住んでるわよ、」

「お母さんも働いているから、家に居ないし」

「ワタシも殆ど家に居ないじゃない」

「たまに一緒に、ごはん作って、食べたりもするけどね」

「この間なんて、着物出してきて、ファッションショーしてたのよ」

「ワタシ、オフロ入らないし、シャワーだけでしょ」

「後はトイレぐらいなもので、公共料金も支払わなくっていいって言ってくれたの」

「お家賃もわずかで済むし、」

「もう最高よ」

だけど、女の人なわけじゃない、お母さんだって・・・

「そうよ、ちょうど○○さん(投稿者)とおんなじ年くらいよ」

「ワタシと○○さんが暮らしたって、なんてことないじゃない」

「前に、お互いバアサンになったら、うちの田舎で住もう、って言ってたじゃない」

まあ、そうだけど・・・

あんまり、信ぴょう性無いけど・・・

「ね、問題ないでしょ」

そりゃ、20年以上のお付き合いだから、大体は分かるけど・・・

「いいわよ、オバサン二人って感じでさ、」

「まあ、傍から見たら、息子みたいなもんよね」

「一応、男の恰好してるしさ」

うん、まあ、それもそうだ。男だし・・。

それでよければ、いいけどね。

お母さん、迷惑じゃないの?

「それがさあ、来てくれてよかった、って感謝されちゃって(笑)」

だけど、実家の親は知らん顔で、

赤の他人のお母さんと暮らすって、親に言ったの?

「もちろん、もちろん、それがいい、って言ってくれたわ」

という話らしい。

そういうシェアハウスもあるのだな・・・(・_・;)

かなり変則的だけどね。

あまり、参考にもならんシェアハウスだが。

今まで、ひとり暮らしなので、連絡がないと心配はしたりしていたが、

その心配は不要になった、という事なんだろう。

年末には退職かぁ・・・そして、起業。

頑張ってください。

忙しくなったら、経理任すからね・・・・って、言ってくれたけど・・・

利益上がるといいね。

祈ってるよ。

朝ごはん、

昨夜の食事の後に作った、

今日の晩ごはん(笑)

今日の弁当。

うすあげ餃子、

朝、大急ぎで作ったので、

中身、少な目(・_・;)

いいのです、色々あります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!