実家、六甲墓参り、墓じまい?神戸フロインドリーブ行きたかった~

◆広告エリア

天気が良くなったので、

墓参りに行くことにした。

何年振りだろう。

この道、

大昔、祖母に連れられ、だだをこねて寝転んだこともあれば、

泣きながら歩いたり、

まあ、いろんな事があった。

このお墓に、いつの日か母を見送る日もあるであろうし、

出来れば、両親の元で子どもに戻って、

自分も、その暖かな翼の下にもぐりこみたい気もする。

するが、関東から六甲まで・・・

娘には頼めないよなぁ・・・

自分の代でなんとかしなきゃいけないのだろう。

大きな問題だ。

まだ、もうちょっと先の話だろうけど。

墓参りの前に、引き続き、庭木の剪定、

全部、切ってしまったら?

昔の植え込みなので、外からは目隠しになるが、

独居老人の場合は、もれもちょと怖い。

費用は出せないので、

母が考えると思う。

私は口だけ(笑)

先立つ物がないので、甲斐性のない娘で、すんません。(・_・;)

小さい頃のアルバムも全部実家に置いてある。

ふふふ、

白黒だもんね、

まさか、60年後、

関東の片田舎で、借金が待っているとは、

この頃は、想像もだにしなかっただろう。

親のいう事は聞くものですな・・・(・_・;)

今頃思う。

自分でも、あかんたれの、アンポンタンだと思う。

ずっと育ててきて、わが子の事は一番よくわかっているのだから、

今、娘を育ててきて、そう思う事が多い。

とりあえず、

負の人生は、

最後に正の人生に転じてみせようぞ、という所だけど、

実家に帰ってくると、そんな事はどうでもよくなる。

優しい穏やかな気持ちで、過ごせたらいいなと。(笑)

母から、いざという時の申し送り、

必ずある、恒例行事だ。

真面目な顔をして、真面目に聞く、フリをする。

まだまだ大丈夫。(^_^;)

きっと、母は100才まで頑張ってくれる気がする。

心配をかけるのはよくないが、

母はしっかりしないと、と常々、思っているようで、

申し訳ないが、引き続き、心配もしていただくことにする。

さて、明日はもう関東だ。

ゆっくり寝た。

きれいな清潔なお風呂にも、ゆっくり入った。

また来よう。

それにしても、リニア、

もうちょっとなんとかならんものか。

品川ー大阪 74分だぜ、

20年後じゃ、遅すぎるわ。

大阪万博の時に、もう既にその話がでてたらしいのに・・・

バブルがはじけたから?

なんでもいいから、早くせい!と言いたいところです。

切に、お願い致します(._.)

映画、「阪急電車」は、

また違う線ですが、

あの映画の最初の3人のシーン、

神戸フロインドリーブの二階です、

行きたかったけど、

時間切れ。

この頃から、

ボーとしてる顔です。

ははは、気の走った片鱗もない。

昭和32年の夏でございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!