コールセンターのお仕事・・・・負けるが勝ちですなぁ

◆広告エリア

ゆっくり寝た。

連勤は、もう4勤務が限度だわ。

5勤したら、3日は休まなきゃ回復しそうにない。

えらい弱ったものだと思う。

自然の摂理といえば、そうなんだけど・・・。(^_^;)

朝、9時から18時まで、それに場合によっては、残業。

その間、ずっとPCの画面とにらめっこで、

それに、とんでもないお客と対応なので、

年寄りには、酷だと思うが、

だからこそ、仕事が回ってきたのだろう。

そうなれば、できるだけ楽しく過ごさなきゃ損だ。

昨日は、久々のヒットだった。

まあ、色んな人がいる。

最近は、代表電話は、どこでも大抵は自動音声なので、

お客は、何番、何番と進みながら、担当窓口にたどり着く。

電話は無料でも、到着するまでに時間がかかる。

やっと着いた先は、別の窓口だったりして・・・(-_-)

なので気の短い方は、その時点で、もう出来上がっている。

「また違うのーー!」

「アンタとこ、分かりにくいわ」

「ここまで来るまで、何回かけ直した事か」

第一声から、怒っている。

ところが、内容を聞いていると、

大体はある程度の年齢を過ぎると、思い込みが激しい。

自分流だ、

問合せをするために電話をしてきた筈なのに、

「ワタシが言う事だけに応えてください」

「そういう事は聞いてない」

「言う事を調べるだけでいいから」

可愛げのないお客も多い。

そういう客には、最低限の返答にしている。

損だと思うけどなぁ。

中には、こちらのミスもあるが、

お客の勘違いが多い。

自分が正しい、自分こそが正しいと思っているので、

言う事もスゴイ、

さすがに、こちらもひるむ。

ちょっと、黙り込んでしまう。

「聞いてるのか、何とか言えよ」

そう言われても、今、「黙れ!」と言われたばかりである。

ボケ、シネ、カス、

この程度では、もう平気だ。

自分の場合は、無視する事にしている。

もしくは、「それではよろしいでしょうか、ご質問の内容でございますが」

で、話を戻し、

質問の内容を聞きわけて、説明していく。

気分は悪いし、こちらもいい加減、腹が立つが、

こちらからは切れない。

温和で定評な同僚が居る。

少々のことでは、怒らない。

が、先日、当ったお客とは、かなり揉めていた。

お疲れさま、大変なのに当ったわね。

同僚:そうなのよ、お客さんの勘違いなんだけど、えらい怒っててね、

なんて言ってたの?

そう言う場合の、切り抜け方も勉強しないといけない。

「わかってるのか!」

同僚:はい

「おい、クソババア!」

同僚:はい

「オマエ、ブスだろう」

同僚:はい、もうしわけございません

(笑)なかなか返答できないことだが、

そういう対処法もあるらしい。

なんだかね、

辞めていく人が多いのも、ちょっとは分かる気がする。(^_^;)

イヤな事については、

何事もすぐ忘れられる修行は日々、研鑽しているので、

まさか、こういうことが役に立つとは、思わなかった。

人生とは、わからんものだわ。


昨日は、久しぶりに娘と待ち合わせ。

スペイン料理となりました。

美味しかったです。

バル、なるもの、初経験でした。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加