病院での急変、終焉の病室も色々あるのだな‥

◆広告エリア

独居の母の安否確認ができ、

ホッとしたけど、

喉元過ぎたら、にならないように、

早めに、資料を取り寄せて、契約しようと思います。

今度は、こんな事で済まないかもしれない。

老人、高齢者の場合、

急変、という事態を想定しないといけない。

持病があって、悪化し、入院している場合でも、

その持病以外の、別の要因で、

高齢者の健康状態は、急変する事が多いらしい。

急変が、あった場合、

病院では、すぐ、家族に連絡をする。

それが、遠方でも、近くでも、

その知らせを聞いて、家族は、病院に駆けつけるのが、普通だけど、

患者さんが、その家庭でどういう暮らし方、かによって、

なんとも、割り切れない気持ちになる時もあるらしい。

連絡をいれて、走り続けてきたであろう、

息を切らせて病院に飛び込んでくる家族、

即、病室を案内する、

○○室です、急いで!

看護師も、必死だ。

最後の家族とのお別れは、少しでも長く、

思い残す事がないように、

思いを伝えられないといけない。

数時間後、家族の方がナースステーションに来られ、

いいお別れができました、ありがとうございました、

とおっしゃり、ホッとする場合もあれば、

連絡をしても、用事があるとか、

すぐには行けないという返事が返って来る場合もあるらしい。

我が家にいうに、いくら不仲であっても、

やっぱり、人生の終焉には、駆けつけるし、

人として、当然だと思うけど。

そのかたの生きてきた道程は、

医療関係者には、全て知る事はできないと思うので、

ただ、その状態で、見送るしかない。

先日も、状態のよかった方の急変があり、

家族の連絡先を調べて、

無言になったことがあったらしい。

家族が居ない、

勤めていた同僚の名前はあっても、

家族が居らず、親戚の名前もない、

全くの1人だったらしい。

人生に最後の一時、

看護師に看取られ、あちらに旅たつ場合もあるのだなぁ‥‥

臨終後、間に合わない場合はあっても、

病室の一人で迎えるその時は、

なんとも、寂しいものだそうだ。

そういう人の死に立ち会う事の多い医療従事者でも、

最後は、皆に見送られて逝かれたら、

少しは、気持ちの整理もつくらしいが、

高齢化社会で、また、独身のまま高齢になる場合も多い昨今、

こういうケースは、増えてくるのかもしれないです。

はなしを聞いて、

重い気持ちが、胸にドンと残りました。

なんだか、大変な場所だな、病院って‥‥。

昨日は、煮魚、

久しぶりです。

椎茸のオイスター炒めも作りました。

 

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加