73才で引退メールが届く、タイトを感じさせない人。

◆広告エリア

今年、73才になる年上の友人から、

久しぶりにメールが届いた。

知り合って、かれこれ40年近い。

そろそろ、引退するそうだ。

30代で、夫を亡くしてから、

子ども3人を育て、

まだ今も、社員として働いていて、

いつも元気つけられる、目標みたいな女性だ。

寡婦で、こども3人を育てるって、

そこだけでも、かなり悲壮感があるが、

全くもって明るい。

ノー天気の、賢い、楽しい人だ。

地元の友人なので、帰省した際には、会うのだけど、

周りを明るくさせる人だと思う。

そして、他人の話をよく聞く、

いつも手本にしようと思うところだ。

私自身の、この40年をよく御存じなわけで、

お恥ずかしいけど・・・(^_^;)

反対に、彼女の40年も知っている。

癌にもなったし、

子どもも、転職や病気になったりと、

苦労も、喜びも、子どもの数だけ、全て3人分だ。

いよいよ辞められるのだなぁ・・・

「あなたは、まだまだ若いのだから」

「頑張って、働きよし~」

「もうちょっと、おきばりやすww」

そう言われると、元気が湧いてくる。

再婚のお話もあったのに、

とうとう再婚せずしまいだ。

とうとう結婚せず、独女のまま50代、60代に突入した友人も多いが、

とうとう離婚して、子はナシ、というのも居る。

皆、それぞれ、おひとりさま、なんだなぁ。

ただ、子がいるのと、居ないのでは、

かなり、違いがある。

そりゃそうだろう。

口を開けた雛鳥に餌を運ぶのは、鳥でも番だ。

それを1人でやるというのだから、

経済的にも、かなりタイトだと思う。

色んな人生があるわ。

お気楽そうに見えていても、

実は、そうでなかったりもするのだから。

きっと、その人なりの幸福感だと思う。

何が幸せで、どこからを幸せじゃないとするか。

それは、日々の愚痴となる場合もあれば、

切り取った部分で幸せを広げられるかだ。

不平不満を100言ったところで、

何ひとつ改善にはならないだろうね。

だけど、言うけど(笑)

たまには、おもいきり愚痴って、スッキリもいいもんだ。

しかし、後味が悪い。

それより、

僅かな事で、幸せを感じれたら、

そっちの方が、いいのだろうな。

彼女の事を思う。

ニコニコ笑った笑顔しか浮かんでこない。

私には出来ぬ事だと思いつつ、

少しでも、近づきたいと思いました。


昨日の弁当。

デカイ方が私のですが、

これでも足りません。

バセドウのひどい時に、必死で食べていたので、

すっかり、胃が大きくなったようです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!