節約の友人の技、夫のそんな金があるのか妄想

◆広告エリア

節約上手な人っている。

お金がないから節約するのか、

お金があっても、あるから節約するのか、

無駄や資源や地球の為に節約するのか、

それぞれに理由はあると思うけど、

かなりやってるつもりだけど、まだまだ駄目かも。

節約も何もわからないOL時代に、というか、

当時はバブル突入期、節約の、せ、もなかった次期に、

!・・・・鼻から牛乳になった事がありました。

一緒に仕事をした後輩で、

よく気が付く。よく動く。よく働き、愛想がいい。

親の代で沖縄から関西に移ったとかで、一から始められ、

クリーニングとお好み焼き屋をしたと言ってたかな。

お店も手伝っていたのかもしれないです。

何かの時に、その女の子が、

「それじゃあ、もったいない、うちではラップ洗って2度は使う」

世間知らずだったので、可哀そうに貧乏なんだ・・・

そう思ったけど、実際は金持ちでした。

「結婚するならサラリーマンがいいけど」

「うちはたいした家柄じゃないから」

そう言いながら、社内恋愛で義父も銀行員の裕福な坊ちゃんと結婚。

きっとお金持ちのマダムになっているのだろうな。

今でもラップ、洗ってるかは?だけど、

節約の精神が、幼少時から身に着いているのは強い。

きっと、どこの家でも、あると思うのだけど、

先日、意を決して冷蔵庫の大掃除をしたら、

奥から、3年前のドレッシング、

1年前のもらったお菓子、6年前の山椒、ねりごま、

2週間前のマルちゃん焼きそば、2か月前の納豆、

山ほどでてきたので捨てたら、娘からもったいないと苦情。

お湯の使い方もいけないらしい。

「下宿生は、お湯なんてもったいないから、使わないよ、

みんな手袋して水で洗うし、常識だよ」らしい。

本当かなぁ、

しかし、節約というか物を大事にしなきゃ、

ええいっ、捨てちゃえ、ってやってたら、

きっとご飯食べられなくなるかも。

漠然と、そんな恐怖が。

漠然とでなくっても、動いて働かないと食べていけないので、

止まったら飢え死にです。

数日前からエリカが咲いてます。可愛いです。

277777 008

夫のご機嫌は、やはり気まぐれでした。

「植木に肥料やるくらいの金があるのか」

「食べるのも困ってるのじゃないのか」

「遊びに行ってばかりしやがって、・・・」

何を持って遊ぶと言うのか、ものさしが違うので、話にもなりません。

夫の汚い言葉には慣れたけど、それじゃあ、いい死に方しないよ。

・・・・だいいち、どこにも行ってないし、

行きたくっても、お金も暇もないですから、被害妄想なのだろうな。

もっとひどくなったら、この家を出よう。

その時は、ギャフンと言わす、も何もないだろうな。

手品みたいに、パッと消えます。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加