シニア再再、再就職の勘違い

◆広告エリア

50代後半での再就職、ありがたい事ですが、

昨日から本格的に研修が始まり、アレレレッ・・・おもわずレレレのおじさんになった。

電話オペレーターという仕事は電話をかける、電話を受ける、の2種類あり、

採用されたのは、かける方でした。

が、損保既存の会員のメンテナンスや更新業務だと、勝手に思い込んでいたけど、

どうやら、違うらしい。

損害保険の売り込みの勧誘だと、昨日、知りました。

社員の説明では、別の契約の顧客に損害保険をお勧めする仕事で、

不特定の対象ではないので、とか言うけど・・・結局は勧誘だ。

なんだ、なんだ、やっぱり高齢就職ってコレなんだ・・・。

大きな落とし穴・・・に、見事に落ちました。

プー子の期間、家に居るとかかってくる電話は大抵は勧誘、セールスで、

お墓・損保・マンション・不用品・土地・車・・・とんでもなくかけてくる。

うっとしいけど一応、相手も仕事なので、乱暴な物言い・上から目線だけは控えてきた。

昔、営業で外回りをした事を思い出すと、多少は気持ちがわかるので。

お墓の時は、ある程度聞いておいて、

「すみません、叔父が山山石材なんです、お墓作ってるもので・・・」という。嘘です。

マンションの時は、「持家の固定資産税さえも払えないので、無理でしょ、ごめんなさいね」

車屋さんは、「うちは、自営で全部で4台あるの、車検だけでもローン組もうかと悩んでるの」

それは大変ですね、で終わる。

ただ、損保の時は、こちらの返答を待たずにペラペラと切れ目なく喋るので、めんどくさい。

やっと、話が終わった時点で、

「〇〇生命と△△生命で、終身、年金、定期付き終身で8万、損保で2万、任意保険でも3万・・・」

ふつうはこれで、失礼しました、なんだけど、損保はナカナカ引かない。

「でも、この保険はこれも保障され、あれの保障もあって・・・」と、しつこい。

最後は奥の手で、「実は、実家が損保代理店なの」で終わらせる。嘘ですが。

この、しつこい損保の電話を、自分がかける側に立つとは、正直、ゆめゆめ思いもしなかった。

最終職歴が勧誘だとは・・・。

でも、収入の確保は必須なので、いまさら話が違うとも言えないのが悲しい。

参ったな。

なんでこうなる。

もう最低だ。

今日は休みなので、考えないようにしよう、頭、切り替えて家事三昧にします。

2a875

わが家の観葉植物。

芽が出てきてしまったサツマイモの活用法です。

延び過ぎると這いますが。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!
 


『シニア再再、再就職の勘違い』へのコメント

  1. 名前:みい 投稿日:2015/05/02(土) 10:58:07 ID:9891c3020

    楽しく読ませて頂いてます(*^^*)
    私もアラフィフ。損保コールセンター勤務です。お互い頑張りましょう

    • 名前:goodend 投稿日:2015/05/02(土) 13:07:34 ID:a78d29b3d

      みいサマ、コメント感激です\(*^^)/
      アラフィフで同業種とは、うれしいーーです。
      昨夜は果たして、私に出来る仕事か考えながら…寝てしまいましたが。
      いい商品をお客さまに案内するのは双方にとってプラスだ、と聞いたので、
      その線で頑張ろうと思っています。
      ここで、踏ん張らないと、いけないですよね、ありがとうございます、元気出します☀