寒い朝、介護職辞めることになった理由、・・伊藤園トマトジュース、静かなブームかも

◆広告エリア

毎日、寒い日が続く。

こんな日は、独居の母はどうしているのか、

気になって電話をした。

ありがたいことに、認知はないので、

自己防衛はしているようだ。

以前、子どもが小学生の頃、

介護の仕事をしていた。

いずれその日が来るだろうと、

母の介護の為に、ヘルパーの資格を取った。

かれこれ、10年以上前の話だが、

どうして辞める事になったかと言うと・・・

こんな寒い日が続く、冬の朝、

利用者である独居の男性の自宅を訪ねた。

家の玄関は、声をかけても鍵は閉まったままで、

庭に回った。

平屋でかなりの年数の経った二間の家だ。

雨戸は閉まっているが、少し隙間がある。

そこから、声かけをする、

応答はない。

無理矢理開けてみる、

開いた、

しかし、雨戸はほぼ閉まっていたが、ガラス戸は全開だ。

これじゃあ、屋外と変わらない、

部屋に庭から入ると、

利用者は、茶の間で寝ていた。

こんなに寒いのに、布団も敷かないで・・・(´Д` )

応答がないので、近ずくと、

亡くなられていた。

凍死だったようだ。

第一発見者になったので、

事件性がないか、事情聴取もある、

当然、救急車意外に、パトカーも来る、

長く

訪問していただけに、ショックも大きかったが、

大変なことになった、

病院で治療中であれば、警察も救急もないが、

独居中、というのは、こういう事になるらしい。

それ以来、ちょうど子どもも成長したし、

また、フルタイムのデスクワークに戻り、

介護の仕事はしていない。

介護は、人の終焉に立ち会う仕事でもあるのだなと、

ちょっと重かった。

亡くなられた際の表情が今も忘れられない。

辛かったのだと思う・・・

介護職は卒業した。

医療関係者は、病院で日常茶飯事にその状況に対応するので、

珍しいことでもないし、

人知れず涙する事もあるのだろう、

何才くらいで、

どういう既往症で、

どれだけ闘病し、死に至ったか、

自分が高齢に向かっていると、

聞いてみたい気もするが、

娘は、そういう話は、家に帰宅しても一切言わない。

たとえ、どこで最期を迎えようと、

会話の話題には不適切なんだろう。

なんだか、暗い話になったが、

実家の母は、めまいがひどくなって、

這ってトイレに行き、数日、何も食べられなかったらしい。

レトルトおかゆも買ってなかったらしい。

医者に行くにも、この寒さだ、

なので、じっと寝ていたと。

帰るわ、と言うと、

今日は医者に行くから大丈夫という。

ホームドクターに往診してもらうように言った。

しっかりしなきゃな・・(-_-)

自分の健康管理もさることながら、

実家の母のこと、

倒産しそうな自営の仕事探し、

生きていく糧となる自分の仕事、

頑張らないとなぁ・・

さて、今日も仕事だ、

暖かくして出かけよう。

会社に行けば、笑うこともある。

仕事は、なかなかハードだが、

今、自分に与えられた唯一のひとつの社会だ。

大事にしようと思う。

昨日は疲れたので、

簡単おひとりさま鍋にした、

冷凍お好み焼き、

もう1日、頑張ろう、

その後も、ほぼ毎日、飲んでます、

美味しい、(⌒▽⌒)

スーパーの売り場でも、これだけが残り少なくなってる事が多く、

静かなブームなのかもしれない。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加