正真正銘、仕事もお金もない不仲な老夫婦になる・・・・破産が控えているので、今、必死(+_+)

◆広告エリア

どうも、人生とは、

計画通りにいかないものだ。

重々、承知ではあったけど、

まさか、60才過ぎて・・・

こんな展開になるとは、思いもしなかった。

バチが当たるような生き方、

してないと思うけど・・・。

親の代から取引があるからと、

アグラをかいていた上、

職人としての驕りもあったのだと思う。

仕事も減っていたら、そりゃ、切られて当り前だろう。(-_-;)

夫はショックが大きかっただけに、

それが怒りに変わっている。

迷惑な話だが、

さりとて、ひどいよねぇ~、とか無駄な事は、言ってられない。

夫と話しても1円も発生せず。

とにかく電話、しまくった。

ヒッシのパッチ、(・_・;)

試験前夜の一夜漬けの最中みたいな時間配分だ。

夫と再婚してからの15年間、

経理をしてきた知っている限りの取引先に電話している。

昨日は雨だったので、

数社、連絡はついたが、

そんなことで、棚からボタ餅はなかった。

そりゃそうだろう。

全部、ハズレ(*_*)/

取引先は、みな、中小企業で、

請求書を持参したり、工機の関係とかで、

経営者とも、何度も顔を合わせている。

気候の挨拶から、

世間話をして、いよいよ本題だ。

台風・選挙とちょうど使える話題があった。

零細極小で仕事を探すのは、並大抵なことじゃない。

まさに、あの「天秤の歌」の精神だ。

結局、昨日は手ごたえナシ。

厳しいな。

予想通りの結果だ。

しかし、その後ろには、「破産」が控えているので、

切羽詰っている。

夫は家の中ではモラハラ専制君主だが、

全く営業トークは頼めない。

反対に、喋ってもらっては、

まとまる話もまとまらない。

厄介だ・・・イヤな事を言ってしまうと、本人もわかっているので、

一切、口は挟まない。

元来、吠える犬ほど根性が小さいが、

同じく、不仲な夫も、ビビリまくっている。

よく、「アナタの家、査定します」

みたいな広告を見かける。

そろそろ、相場を知っておいた方がいいのかもしれない。

頑張るけどね。

住宅ローンや借入を差し引いて、

いくら残るか・・・

多少は残っても、

トラックを売却した時点で、自営は消滅する。

どこかから、何かしらの仕事を探してくるしかないだろう。

こういう仕事なんて、ハロワは当てにはできない。

とりあえず、自分の仕事には行かなきゃいけない。

こんな時こそ、

収入確保だ。

しかし、参るわ・・・・

参ります・・・・(・_・;)

休日だけど、

忙しかったので、

あるもので、

間違って買ったようだが、

皮なしウィンナー

娘が食べないので、消費しました。

モロヘイヤ、

ポン酢で食べました。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加