消えた年金、になるはずが、まとめてもらえるらしい・・・・ギリで危なかった、よかったわ!!

◆広告エリア

先日の、元同僚の消えた年金の件、

連絡があった。

大体やねぇ・・・・自分の支払ってきた年金なのに、

あまりに呑気すぎるわ。

まあ、それだけ、余裕だという事かもしれないけど、

遺族年金でももらえる、おひとり様でもない。

正真正銘の独女なのだから、

しっかり、してほしいものだ(笑)

「年金事務所に行ってきた」

「さかのぼって、年間かなりもらえるらしいわ」

「物価上昇で、多少目減りしてるけど」

「今までの4年余りと、65才までだって」

すごっ・・・・金融で53才まで勤めたんだから、

そういう事になるのだろう。

しかし、私の倍とは言わないが、

大したものだ。

良かったわ。

国に、寄付しなくて済んだ!

そんなバカな話ってないよね。

65才になってしまったら、終わりだった。

ホント、ドキドキだったわ。

「夏の台風で、家の補修しないといけなくて」

「それが、メンテナンスも、順番待ちなのよ」

「大きなお金になる・・・・と考えてたから」

「本当に、ありがとう!感謝!」

「親の介護中だったから、何か書類が来てたような・・・・」

「もう完全に記憶、飛んでた」

「今度帰ってきたら、ご馳走するね」

「はい、遠慮なく、ゴチになります(笑)」

しかし、こういう事由で、水面下で、どんどん、起こっているのかもしれない。

別の友人曰く、

「数年前から政府は、積極的に言わなくなったのよ」

「それに、もう年金もらってたら、年金も確定されるし」

という事らしいが、

確認してないから、よく分からんが、

そういう事ってあるらしい。

しかし、独身で、古い実家の補修、

家となると、単位も変わってくる。

本当によかった。

まずは、まとめて、入金されるらしい。大金だ。

足場組むし、お金かかるよね。

わがことのように、嬉しくなりました。

しかし、もう一人の友人はどうなったのだろう。

仕事を持って、忙しくしているから・・・

そのままにしてるのかなぁ・・・

早く行った方がいいよ。

この友人は、夫は早くに死去しているので、

自分の給与の方が多い。

毎日、頑張って働いている。

皆が幸せになりますように。

なんだか、聖人か神様みたいになってきた(笑)

昨日の独居飯、
いよいよ、おひとりさまの夕食だ。

母弁当。
弁当、一つだけって、早いね、
あっという間にできる。
自分のだけだと思うと、手抜きです(笑)
卵も余ってきそうだ。

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加