「鉄の基金」って何なの?やっぱり関西はノンビリだった・・・・年金、一度調べた方がいいね・・・淀屋橋イルミで乾杯。

◆広告エリア

昨日は、8時過ぎの新幹線、

自宅には、12時前には帰宅できました。

もう一日、余裕はあるものの、

矢張り、ペットのお世話を頼んでいるので気になる。

出来れば、少しでも、早く安心させて(笑)あげたいので、

4泊5日の帰省となりました。

朝から、実家の用事を済ませ、

ほぼ完了。

でも、一番、気になっていたアレ、

独居老人の見守りシステム、

ここまで話が進まず。

お墓詣り行ったりで、母も疲れていたようで、

強硬に決められず。

かと言って、半年先は長すぎるので、

連絡を取りながら、進めようと思います。

帰り間際、また友人と淀屋橋で、数年ぶりの再会。

とりあえず、顔だけでも見よう。

淀屋橋、オドナ一階で待ち合わせ。

大阪も、随分と変わってますね。

そりゃそうだ、

娘が25才なんだから(笑)

淀屋橋イルミ、
本町辺りが一番、綺麗らしいです。
「橋本さんの頃は、もっと色も統一されて、綺麗だったけどね」
という事でした。

おや、そうなの?
十分綺麗だけど^^

オドナ入口から、

まずは、数年ぶりの再会を祝して、

最近、ビールばかり飲んでから、ビールバラになってきた友人。

それでも、身長170超えだから、

遠くから見たら(笑)モデルみたいだけど、

確かに、立派な腹でした。

この友人曰く、

ミナミは外人ばかりだし、もうアカンネ。

でも、大阪がアカンのよ。

意外な言葉を聞いた。

聞きづてならない。

メイドイン関西の人間にとって、

なんだかんだ言っても、大公さんの大阪だろ、

万葉集、飛鳥、奈良、文化発祥の地、

そして、近松にしても、歌舞伎、文楽と、

何と言っても、関西だと思ってるわけで(笑)

友人はいくつも仕事をかけていて、

完璧リーマンでもない。

そして、独女、子なし、50代後半。

今後のことが気になり、年金相談に行ったらしい。

渋谷なら、一か所で全部済むのに、

大阪って、アッチ行け、コッチだ、って超めんどくさい。

白色申告もしてるから、それも相談したら、

「大阪の市税課は、アホばっかりや」

「国税はそんなことなかったけど、丁寧な対応やったわ」

という事で、

どっちにしても、東京に移動を考えているらしい。

元々、関西人、そして、代々木にも住み、ニースにも住み、

住処は転々としていて、比較対象ができる。

仕事するなら、断然、東京。

仕事量が違う・・・らしい。

まあそうだけど、

年金の話はどうなったの?

そして、またアノ話をしてみた(笑)

何と言っても、大阪は「鉄の基金」やからね。

何なの?どういう事?

どうやら、鉄鋼関係は、大阪が主流らしく、

その関係で働いた期間もあったらしく、

年金相談に行ったら、

「全部、調べてくれて、毎月1万ちょっと、企業年金がもらえるらしいわ」

そうなんだ・・・・

でも、それって、自分でやんなきゃいけないの?

そうやよーーー!

国から、あげます、って言わないからね。

そう言うものよ。

この友人は、後期老齢年金比例報酬分、

最後の方の対象で、それでも、

63才辺りからもらえるらしい。

知ってたんだ・・・・よかった。

それで、ここ数日会った友人達が知らなかった話をすると、

「大阪って、自宅あり~の、仕事あり~だから」

「基本、みんな裕福だからね、生活に困ってない」

「のんびりしてるもの、知らない人が多いよ」

ええええ、、、、、知らないまま?

国は、年金受給を70才にするとか、色々言ってるけど、

結局、受給に対する広報は、お粗末。

つまり、積極的にお知らせしていない、という事なんだろう。

スゴイ国だ・・・。

不公平な話だ。

しかし、知らないと損をする、という事は、見えてきた。

このブログを読んでくださっている、

特に、関西の方、

思う節があれば、

一度、年金庁に問い合わせされる事をお勧めしたいです。

わずかでも、

たくさんかもしれないけど、

自分の掛けたお金なので。

働いた先の基金もあるかもしれないです。

そんなこんなで、小一時間話して、

新幹線に。

大阪、オフィス街ともお別れ。

そして、お土産買って、新幹線に。

こんな遅い時刻でも、割と混んでいました。

こんかいの実家帰り、

思わぬ方向から、年金広報になりましたが、

それで、友人達が少しでも、年金増えたらね、

嬉しいです。

あの昭和を共に、働いてきた同胞ですから^^

さて、今日は午前中に宅配が届く、

洗濯も多い、

楽しかった大阪、

そして、母の様子もしっかり見てきた。

明日から、また頑張って働こう。

そのうち、いいこと続きの人生になるように!ww

 シニア日記ブログ 60歳代へ ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ *いつも応援ありがとうございます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加