看護師、病院の夜勤の急変、危篤になる・・・その時は・・・・

◆広告エリア

病院内の事は、

立場上、医療関係者側なので、

娘は、殆ど家に帰っても話さない。

未知の世界なので、

こぼれ話でも聞きたいところ。

守秘義務と言ったって、

その辺りの事は、個人名を聞くわけでもないのだから、

大丈夫だと思う。

しかし、融通の効かない娘だ。

絶対、言わない。(-_-)

ところが、先日、ふと漏らしたことがあった。

だれだれと、夜勤したら、

「必ず、急変とステルだよね、」

そういうのがあるらしい。

夜勤は日中と違い、人数は少ない。

その状態で、ナースコールは入るし、

年寄りでも、寂しいから、ちょっとした事でも呼ぶらしい。

どんな顔して対応するのだろう、

ちょっと想像して、ニヤリと笑った。

家じゃ、「何回も言ったじゃん!!、明日は夜勤って、朝からうるさい!」

偉そうに・・・・(-_-メ)・・しかし忘れてたんだから仕方ない(笑)

そんな娘が、患者さんの前じゃ、

きっと、天使に変身するのだろう(笑)

だれしも、家と外じゃ、違う顔があるのだろうけど(笑)

しかし、私の場合、あんまり変化、無いけどね・・・

そんなこんなで、夜勤は忙しい。

何事もなく、翌朝、引き継ぎとなれば、お疲れさまでしたになるが、

その夜は、そうはいかず、

深夜に患者さんが、急変になったらしい。

血圧とか心拍数とか、測定するのだろうけど、

要するに、危ない状態、危篤状態だ。

Aさんと夜勤、組んでたら、なにも起こらない筈だったらしいが、

急性期病院はそういう危険性の患者も多い。

勿論、措置はするのだろうけど、

前後の病状から、家族にコールとなった。

ところが、全く携帯電話はコール音どころか、

ツーツーツーと反応、

家に固定電話は無い。

最近、多いが年寄りほど、固定は必須、と思うが、

年金生活にり、節約節約と、安い携帯だけにする。

もう一件の連絡先も出ない。

携帯電話というのは、まず、無線だ。

線、が無いので、空中の電波なわけで、

それが、基地局、基地局をいくつも経由し、相手に届く。

地球の裏側にも届くのだけど、

携帯会社によって、大きな違いも生じる。

どこが、どうだ、というのは、敢えて言わないけど、

自分は、23年間、同じ会社のを使っていて、一度も問題は起きていない。

長年、その会社に勤めていたからと贔屓目に言うわけじゃないが、

安かろう、悪かろう、じゃ、緊急時、

あてにできない事もあると思う。

とにかく、家族には、臨終に立ち会ってもらわないといけない。

連絡する方も必死だったと思う。

数時間後、やっと、連絡が付き、

タクシーを飛ばして、来られたそうだが、

間に合った。

その間、意識が朦朧とする患者を励まし、

「もうすぐご家族が来られますからね」

「もうすぐですよ、頑張りましょう」

もう、これ以上、がんばれと言われてもね、

もう死ぬ直前なんだから・・・

それでも励ますそうだ。

ほんと、看護師さんには、頭がさがる。

家族が病院内にとうちゃくすると、

場合が場合だ、

看護師も走る。

家族も走る。

メロスだ。

ふざけてはいない。

しかし、間に合わないといけないのだ。

そりゃ、泣くよね。

看護師だって。

そう思った。

その日に当たった看護師は、

家族がお別れの時間を心おきなく過ごしたら、

その後の処置が待っている。

もし、自分が何十年か先、

どこかの介護施設でボケ老人になってようと、

これだけは、私が娘に最後、お願いしたいことだ。

このお腹から、アナタが生まれたのですよ、

こんなシワシワですが、

大事に育てました。

そんな母さんの一生でした。

・・・アカン、朝から泣けてきた。

行かねばならぬ、仕事に、・・行ってきます。


ちゃんと、病院に捨ててきてください、

忙しかったのだろうけど、

ビビリます。


弁当。

できた。

いざゆかん。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!