悲しい知らせ

◆広告エリア

なんてことだ、

まさかのまさかだ。

泣きそうになる。

昨日は自営の計理仕事で、

溜まってきたのを、一気にやってしまい、

毎月の請求書作成もしていた。

夫が予想以上に、早く帰って着たので、

資料まとめて二階に持って上がる準備をしていると、

「仕事の単価が安くなった」

「やっていけない」

「破産だ」

そして、最後に言いだしたのが、

「経理の仕事代も払えない」

・・・・

要するに、これが言いたかったようだ。

確かに、不景気ではある。

仕事は少なくなってきている。

ここ10年で、その内容も、随分と変わってきた。

仕事単価も、少しづつではあるが、下がってきている。

なにしろ、下請けなので、

親元が出してくる金額を受けるしかない。

完全に、自分でやればいいものを、

営業は出来ない、と言って、

早々と、下請けになったらしい。

しかし、ただでさえ、経理の給与は、

毎月3万なんだけど・・・・

3万以上、はいいが、

3万以下はないだろ。

決算前迄、全部やっているのに、組合だって行っている。

自営だから、やるしかないのだけど、

もう、家に住んでいるから、

報酬ナシという事なのかもしれない。

勤めていてよかった、

短時間のパートなら、大変な事になるとこだった。

しかし‥‥

そういう事態なら、ゴルフなんて、行けないよね、

豪華海外ゴルフなんて、ありえないと思う。

3万といえど、

自分なら、何十時間、働かないといけないことか、

とりあえず、

ないと食べていけないといってみたけど‥‥

最悪、1万でも、1.5万でも、無いよより潤う。

昔の自分だったら、

アホくさっ、そんなものいらないわ、だっただろうけど、

1万の重みは大きい。

頑張ろう、命までは取られない。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!
 


『悲しい知らせ』へのコメント

  1. 名前:Tammy 投稿日:2017/08/27(日) 14:53:31 ID:177cb9e40

    そうですよね、本当に分かります。
    一万円の重さ・・・私も老後のためにせくせく頑張るだけです。