いきなりシフト変更ですか・・・・お盆に見た妙な夢・・・・(*_*)

◆広告エリア

よっぽど、暇だと思われてるらしい (^_^;)

お盆は出勤になっていたが、

昨日、職場でシフト交換してもらえるかと・・・

それも、昨日の今日、

なんだかね、

年寄りでも、扶養家族はいなくても、

まあ、それなりに準備というものもある。

でも、特別、予定もないので(笑)

替わる事にした。

まあ、お互いさま、という事かな。

普段、時間帯も違う同期だが、

いきなり、朝、近寄ってきて隣にしゃがみ込み、

甘えた声で、「アラ、ハンカチ、素敵ですね~」

ここから始まった。

なんてことのない、スーパーのワゴンで、

200円で買ったタオルハンカチだ。

「綺麗~」

まだ言うか・・・(@_@;)

他人に頼むには、何か褒める、というのが常套手段らしい。

こちらが、恥ずかしくなってくる。

用事が変更になり、急で申し訳ないけど、明日と・・・

それだけで済む事なのにね。

ご苦労さんな事だ。

ぐちゃぐちゃ余計なお愛想は、不要です。

まあ、子どもが小さいと、色々あるのだろう。

結局、今日はお盆で休みで、

雨でTVの前を陣取る不仲な夫と、2人になった。

折角の休みを、残念なことだ。

そんな事を考えていたからだろうか、

朝方、超リアルな夢を見て目が醒めた。

先日、実家にお盆のお供えなど、宅配を送ったのだが、

着日、時間を電話して確認したのに、

翌日、全く違う日だと思い込んでいのが分かり、

ちょっと、焦った。

86才、

いよいよ来たか、

しかし、認知は薬で進行も遅く出来る場合もある。

さて、どうしようか、

そんな事も考えていたので、

場所は実家の夢だった。

キングコングのような巨大動物が、

実家に二階の窓から覗き込み、

出窓の雨戸は鎧戸で、それを全てバキバキ壊して、

窓ガラスも吹っ飛んでいる。リアルだ。

逃げなきゃいけない!

母が準備した50万(なんでこんな時に・・笑・・)が、

部屋の南側の窓の下にあるが、

時間がなく、手を伸ばすにも怪物が近づいてきた。

鳥カゴもあり、移動用の小さなキャリーに鳥を詰め込む。

その間も、隣の部屋の窓も怪物は怖し、侵入する勢いだ。

階段を下り、母に逃げるよう指示する。

「あら、そりゃ大変ね」呑気な事を言っている。

娘も居る、

まだ小学生の頃の娘だ。

今のように、偉そうなもの言いもせず、可愛い。

そこから、いきなり、場所は関東の自宅に。

夫が車に乗れと言う。

怪物が追いかけてくるので、逃げようと言う。

手をつないだ娘と乗りこむ。

鳥はいつの間にか、胸元の服の中に保定している。

ところが、行き先が違う。騙されて乗った事に気付く。

ゴルフ場のような丘のある場所で、

拉致された人の収容施設のようだ。

娘に、ドアから飛び降りる事を告げ、即座に、

手をつないだまま、走る車から飛び降りる。

ああ、オバアちゃちに50万あったのだけど、

どうしよう、これから、

母さん、財布の中には17000円しかない。(確認した)

子どもは小学生だ。

でも、命は助かって、よかった、なんとかしなきゃ、

いざというときは、救助袋、必要だね、

あんな怪物が出てきたら、とっさに、何も持ちだせなものだ、

そこで、夢から醒めた。

長々とすみません。

分析した。

ちょっと笑える、夢の中でも、夫は悪者で登場。ハハハ、

母の認知の心配をしたので、お金のことも浮上したらしい。

怪物は認知、そのものの権化かもしれない。

娘は夜勤で不在だったが、高齢出産母は、未だに子の心配があるようだ。

長い期間、実家に帰っていないので、

亡くなった父が、帰っておいで、と呼んでいるのかもね。

そんなお盆の夢でした。

さて、今日は涼しい。

しかし、どこに行っても混んでいるだろうし、

夜勤明けの娘は、真っ直ぐに帰って来ないだろう。

鳥と2人、

歌でも歌って、のんびりしよう。

明日から連勤だ。

昨夜の、おひとりさま晩ごはん、

お弁当、買いました。

ビールでも飲めばよかったな。

あんな妙な夢、見なかったかも(笑)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!