また、1人暮らし、いつかは、だれもが、おひとりさまだけどね‥

◆広告エリア

そんなに長くは、

一緒に居れそうにないようだ。

なーんだ、

これが、最後かもしれないのになぁ〜、

そんなに、一人暮らしって、快適な、

魅力あるものなんだろうか、

ひとり暮らしは、

過去、長い独身時代に、何度も脱出を試みたが、

その度に、阻止され、

とうとう、60過ぎるまで、経験がない。

なので、その良さが分からない。

地元の地方都市では、

当時、誰ひとりとして、ひとり暮らしは居なかった。

これも、すごい事だと、

関東にやってきて思う。

神戸の震災以降、

他所からの転入者も増えたから、

今は、変わってきているかも知れないが、

学校、自宅、勤め先、

この三つが、近いのに、

わざわざ、ひとり暮らしは、なかった。

しかし、東京は、デカイ。

横浜から、千葉に通勤している友人は、

単身にはならんが、青息吐息だ、

学生なら、一限目に開始や、バイトで、

たいてい、どこかでひとり暮らしをやってる、

娘の勤務先も、遠く、

そろそろ、慣れて来たようで、考えているらしい。

あーあ、又、不仲な夫と二人暮しかぁ‥‥´д` ;

また、心配の種が増えそうだ。

看護師は、病院によって、

就業時間が異なる。

国立、公立関係は、大抵、三交代夜中に、自宅に帰ることになる。

そして、公務員なので、昇給もしっかりしている、

看護師って、初任給から、夜勤も入るため、高額だが、

昇給が微々たるもので、

これが、会社員とは異なる。

娘は、二交代なので、夜中帰宅の心配はないが、

しかし、事件を見るたびに、

今は、実家でよかったと、ホッとしているけど、

そうかぁ‥‥出ていくのか‥。

友人が、言っていた。

一度、ひとり暮らしした子は、出て行っちゃうよね、

家に居ればいいのにね、

私も、そう思うけど、

通勤が長く、疲れるのもあるが、

ヤッパリ、自由なのだろう。

自由って、それ以上に、大変さは、多い、

それでも、しょうがないのかな、

また、お粗末な、夕食になりそうだ、

今もだけど(笑)

いつかは、別々、

そう考えて、せいぜい、不仲な夫と、ケンカしないように、

最悪状態にならないように、

暮らしていこう、

まだ、当分は、仕事だものな、

リタイアしたら、考えよう。

今日の弁当、

もう直ぐ一個なんだな、

しょうがないな、

昨夜の晩ごはん、

二階に移動して、

久し振りの、モロイヘイヤ、

ポン酢で、美味しかったです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!