60代で雇用保険を支給する時の注意点・・・知らんかったわ・・・。

◆広告エリア

目下の楽しみ、

まだまだ先の話だけど、

想像するだけで、ウキウキしてしまう(笑)

雇用保険の受給だ。

高齢で就職し、やっと半年。

社会保険に加入しているので、

1年勤めると、受給資格となる。

5か月分の失業保険・・・と思っていた。

1年どころか、

「もう結構です、お辞めください」

というお声がかかるまで、頑張らないといけないのだけど、

先の楽しみを確認したくなった。

それで、ハロワに電話してみた。

「5か月、150日ではありません」

一時金は50日分です。

えっ!・・・(@_@;)

ホームページには、そう書いてありましたが、

「場合によっては、という事です」

・・・・

長らく、失業保険とは縁がなかった。

辛抱の足りぬ女なので、

1年も続けて勤務していなかったのだから、当然だけど。

最近の職安は、どうも昔とは違うらしい。

失業者が多いのか、

不正受給が多いのか、

とにかく、厳しいというか、意地悪だ。

そこで、とことん、聞いてみた。

病気や、親の介護で、やむなく退職した場合は、

再就職が可能か否かの証明書を提出すると、

150日の対象になるらしい。

なーんだ、そうなんだ。

親の介護といっても、

親が介護認定を受けていないと無理らしい。

・・・・元気だわ、ありがたい事だけど・・・

なら、自分の病気、

今なら、通院中だから、直近の医療領収書があれば、事足りる。

ただし、ここがネック。

65才の年金が開始となるまでに、

失業の手続きを完了させないと、

二重にはいただけない。

いやはや、危ない所だった。

現在支給中の比例報酬分は、

どちらか選択なので、

少額だし、失業保険を選択になるが、

出来れば、余裕をもって(なんてあり得ないが)

65才の半年前あたりが好ましいようだ。

そんな話を友人にしたら、きっと、

「先の話は、今まで実現したことがない」と言われて終わる(笑)

確かに、フルタイム、都内通勤は、なかなかなものなので、

この先、どうなるかわからんけど、

まずは、しがみついても、1年かな。

しかし、そんな事を言っていて、

本当に、重い病気にかかるかもしれない。

先の事は、予想つかいないし、

ただ、頑張るだけだけど、

松居一代さんのように、被災地でのボランティアなど、

自分には出来ないだろうと思う。

頭が下がる。

体力あるのだなぁ、

というか気力、気持ちなのだろうな。

己の老後で、他人に迷惑をかける事だけは避けたい、

それだけを考えるのでなく、

何か、少しでも社会に還元できること、

ボランティアもするべきだと思う。

保身だけではいけない。

思うのだけど、またこれも、もう少し先の話になりそうだ。

やること、一杯あるなぁ~

健康でないとね、

しっかり食べて、しっかり寝て、その二つ。

実行しよう。

しかし・・・公的機関って、感じ悪いな・・・。

皆、色々あって電話してるのに・・・民間じゃあり得ないな・・・。


今日は、表参道迄。

相変わらず、同じ店でランチです。

でも、いいお店を見つけたので、

来月は、行ってみようと思います。


具がいっぱい、

うれしかったです(笑)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!