生活保護、自己破産が住みやすいアパート(-_-;)

◆広告エリア

生活保護に、自己破産、

今の世の中、

現実に、そこかしこに、あるのだなと思いました。

いやはや、ビックリと言うか、

情けないと言うか、そうなんだなと。

18年振りに友人達と会ってきました。

と思ってたら、20年振りだとご指摘を受け、

その上、またまた間違い、

そう言えば、最初は大手町で勤めていたんだった (^^ゞ

あんまり長い間、仕事していると、

職歴も、うる覚え(笑)

それから、年齢も間違っていて、

64才、63才、61才で、自分が一番年下(*^_^*)

もう、いい加減~(笑)

なのに、昨日、じゃあね、と別れた友人のように、

そうそう、それがねで始まるのだから不思議。

女の人って、そんなものなのかな(笑)

でも、さすがに、20年は、お互いの人生にも、色々あり、

時間切れで、来月また会おうという事に、

そりゃ、積もる話が多すぎた。

当時の友人達は、バツイチで独身中で、

その後、Yちゃんは、独身を続け今に至り、

Aちゃんは、再婚→寡婦になっていました。

Yちゃんは、親の遺産の不動産を分けて、

アパートを一棟、所有して1人暮らし。

4件分だけど、都内下町、駅徒歩3分、

空家になる事はないそうだ。

Aちゃんは、暴力夫と離婚した時で、

その後、再婚した夫さんが、超男気のある優しい方で、超幸せになり、

2人で自営をし、千葉の古い家をアパートにした上、

別に本宅を新築。

ところが、病気で数年前に夫さんは他界。

世の中、惜しまれる人ほど、早く召されるように思う。

そして、Aちゃんも、家賃収入で生活しているおひとりさま。

なんだか、持ってる物の次元が違う、

アパートなんだものなぁ、

ほんと、ビビる。

じゃあ、働かなくっても、いいんじゃないの?と言うと、

2人とも、声を合わせて返ってきた。

「築うん十年のアパートなんて、ボロボロ」

「どれだけ設備にかかるか」

そういう物らしい。

じゃあ、売っちゃえばいいんじゃないの?と言うと、また違うようで、

「それじゃあ、お金を産まない」

「一時金で終わるとダメ」

だそうだ・・・・難しいものだ。

だけど定収入の為に、二人とも数年前迄、働いていたし、

Aちゃんに至っては、来月から、又、仕事を開始するらしい。

やっぱり、お金持ちほど、よく働く。

Aちゃんのアパートは、前回、大変なことになり、オール空家状態で、

どうやら、2年近く家賃滞納者が居住していて、

その上、ゴミ屋敷。

皆、出て行ったらしい。残るは生活保護者、1人だけ。

そのAちゃん曰く、

「生活保護って言ったって、

自分の不動産は、兄妹に管理してもらい、

自分はしっかり現金を隠して、それで生活保護だもの、

そういうの、いっぱい居るのよ」

「今の時代、プライドもあったもんじゃない」

「お金を持ってる人がそうするのだからね」

そうなんだ・・・聞いてはいたが、現実にある話らしい。

その上、自己破産になると、

「そりゃあ、鉄板靴よ」

??

初めて聞いた鉄板靴秘話。

いやはや、年上の2人から聞く話、

次々とスゴイ話が出てくる。

また、長くなったので、鉄板靴は明日、投稿する事にします。

しかし、楽しい時間でした。


友人のゆばのおうどん、

美味しそうでした。

小鉢がいっぱいで、

女子力アップしました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!