職場の不思議、帰国子女?ショーン川上?なのかな (^_^)

◆広告エリア

現在の職場のこと、

これだけ人が居ればね、

まあ、ちょっと変わったのも居る。

いい人だなぁ~と、こちらが嬉しくなるような人もいれば、

コイツは救われないわ、というのも、色々だ。

ちょっと不思議な人もいる。

電話で喋っている時も、

普段の会話も、全て英語なまりだ。

「わたくシュどもの・・・」

「シュようでございまシュか・・・」

とにかく、シュッシュッシュッシュッ言っている。

帰国子女なんだなぁ~、今時多いものなぁ・・・と思っていた、

海外生活が長いと、帰国しても、いつまでもナマルものなんだな

しかし・・・・どうも妙な発音だ。

それなら、海外生活を送って帰国しているバイリンガル友、

どうだっけ・・・・

英語の「え」もフランス語の「フ」どころか、

チャキチャキの江戸っ子なまりだけど・・。

とにかく、一日中、シャシュショだから、

家族と話す時もそうなんだろうか。

家族全員、シャシュショ語なのかもしれない。

すごいだろうな。

同じように感じている人もいて、

その同僚が、たまたま帰国組なので、

どうしたら、そうなるのか?らしい。

いいじゃないの、と思うのだけど、

ただ隣で一日中、シャシュショだと、

ちょっとね、耳障り。

仕方ないのかな。我慢しなくては。

ちょっと前に、時の人となったショーン川上。

大変な重圧だったのではないかと思う。

最初はちょっとした小さな嘘だったんだろうけど。

嘘を嘘で固め、また嘘の上書きをしていると、

どれが本当の自分だったのか、分からなくなるだろうな。

嘘はイカンが、気の毒に思う。

笑えるのは、日本人は所詮平たい顔なので、

いくら整形しても外人みたいにはならないという事かな。

なんか、変だもの。

シャシュショの彼女から話が膨らんだけど、

なりきる、というのはまた、楽しい事かもしれない。

女優さんかも、

綺麗な人だし

今度、彼女と話す時は、

シャシュもいいかも‥な訳ないか‥


もうすぐです、

キャロライナジャスミン、

楽しみです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!