高齢出産したはいいけど、やっぱりね。

◆広告エリア

やっと4時半起床生活が終わった。ふー、

高齢出産すると、こんな事まで影響するとは思わなかったな。

早起きは辛い。

4時半起床で、弁当2個作って、バスが始発でも間に合わないので駅まで送り、

戻って家事、出勤。母の帰宅は7時。

病院で先輩看護師の怖い洗礼をうけ、ナーバス出来上がった娘の帰宅。

食事作ったら、母の一日が終了です。

娘はそこから朝方までレポート(みたいな、よくわからんが)を書く。

病院実習中の看護学生は、その家族もみんな臨界状態だと思う。

病院先が通えたので、無駄な出費はなかったけれど、

なかには、地方からの下宿生が通えない遠方の病院になると、そこでも数週間レオパレス生活。

親も大変な出費だ。

医学部になるとそんなので済まないので、娘が勉強できなかったことに感謝です。

話しが飛びました、すみません、

高齢出産したはいいけど、そうか、やっぱり、それなんだ・・・と痛感したのは、

子どもが自転車に乗り始め、補助コマをとる時だった。

自転車の後ろをもってコマなしで走らせて、適当なところで離す。

この中腰が高齢母には辛かった。

二十代、三十代ならまだしも、四十代に入ると曲げた腰が戻らない。

たまたま娘の運動神経がよかったので、一日でコマはとれたけど、

これが高齢出産だと思った瞬間でした。

夫婦仲良しなら、たいした問題ではないと思うけど、情けない事です。

暖かくなってきたので、布団を替えていたら、図らずも大掃除になってしまいました。

物が多すぎ、先ずは子どものディズニークッズ、かさばるので処分決行。ダニだらけだと思う。

ここに連絡して多少でもお金にします。
ディズニーグッズ高額買取サービス

2015.03.21 001

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!