離婚しました、そして再婚しました。

◆広告エリア

昨日、ガソリンを入れに行って・・・わざわざ、ちょっと離れたセルフの安い所に行ってます。

家庭内離婚夫が先日、

「ガソリン代、〇〇子さんにも払ってもらわないと、やってられないわ

と、とんでもない事を言い始めたので。バカ男、何を言うか!

とにかく、言葉が汚い、悪い・・・私もだけど。

その前に、一回目の結婚の完結編がまだでした。

失敗したと思ったので、仕事を探し、39才で都内に就職。

子どもは2才で保育園へ。

それにしても、この保育園代が1年目は高くって驚いた。6万程だった

だからと言って、預かってもらう人が居ないので、選択肢はなく、とにかく離活の為にコツコツ貯金。

小学校入学の前年、秋に晴れて、離婚正立。

弁護士、家裁をいれての離婚でした。

弁護士、って流石です。見事にもめる事なく離婚させて出さったので。

晴れて、子どもと二人暮らしが始まる

わずかな期間でしたが楽しかったです。そして、小学校入学。

その頃、お見合いの話が多かった。

独身の時より多かったかも。独身時代は親がシャッフルしてたに違いない。

今度は再婚、親はいない、敷居が低いと思ってるのかな、失礼な話です。

それでも、気にかけてくれる人がいるのは、ありがたい事だと思う。

某女子大の準教授、サラリーマン、といくつかあったなかから、

大学の先生はさほど年も離れていなかったので、会ったけど、暗すぎてダメ。

友人の友人からの職人さんの再婚の話は、

「絶対、いい人だから」

どこかで聞いた言葉・・・・一回目の結婚もそれだったじゃない・・・。

「奥さんが心筋梗塞で亡くなられて、子どものいない人なの、

すごくいい人でやさしいよ、腕のいい職人さんで、自営してるから経済的にも問題ないし・・・」

何度か断った。

それでも言ってくるので、職人の世界ってどんなだろ・・・まあ、いいか、と会ったのが大間違いでした。

ババ抜きでジジを引きました。きっと夫も同じ、変なババを引きました。

しかし・・・そんなに変だと思わなかったし、やさしそうだのに・・・・。

この時、男性も猫をかぶるとは、想像もしなかったです。

職人、という仕事について、全く無知だった。

自分の想像では、寡黙でコツコツ仕事をして、言葉少なで、おとなしい。

と思ったので、特に問題なく過ごせると思った。

高をくくった結婚でした。職種は関係なく、本人に問題あり、だったのでした。

今回の結婚については、これから書いていこうと思います。

失敗に次ぐ失敗、トホホ人生。でもまだまだこれからです。

今日の朝ごはんは、スクランブルエッグ、固まりすぎたです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!