同じく私も底辺生活予備軍よ

◆広告エリア

久しぶりに地元の友人からの電話で、

まだ自分の方が金持ちかな?と思いました。

実際のところ、お互いお金がないのは同じだけど、

年金額が彼女よりちょっと上回る。

ふふ、それだけの差だけど、そこだけは、勝ってました。

後は大負け、たまには勝つとか負けとか言うのも楽しいです。

もともと負け組ですけど。

彼女も少し年下だけど同じ50代で、

離婚を経て独身、子なし。家なし。貯金なし。

「元気?まだ働いてるの?」

「〇〇さんは、いつも元気だから、きっと80才でも働いてると思うわ」

まさか、私だってボケル位のんびりしてみたいわ。

「昔から、歩くのも仕事も早かったものね、ボケないと思うよ」

なんで?

「歩くの早い人って、ボケないらしい」

「こっちには、いつ帰ってくる予定?」

今、家賃・公共料金がタダ、だから今から貯金する予定。

「そうよね、お金はあった方がいいよ、絶対」

「最近、下流老人、底辺生活者、ってよく載ってるよね」

「怖いね、このままだと可能性高いもの」

同じく、私も、底辺生活予備軍。

で、どうするの?

結婚する予定あるの?

「ないよ、恋愛はしてるけどね」

仕事もしてるのでしょ?

「うん、2か所してるけど、お金よりもっと大切なものってあるからね」

何?

「恋愛かな」

ふーん・・・・。

ここで、その次の言葉は出てこなかったです。

彼女の30年間を見ていると、同性ながら惚れる。

仕事し、結婚し、勉強し、商売をし、離婚し、海外に暮らし、恋愛をし、

代々木で仕事かと思えば、また海外、また恋愛、また恋愛。

恋愛、と言える彼女が眩しかったです。

下流老人の心配なんて、彼がなんとかしてくれるでしょ?

「どうかなぁ、奥さんはオーストラリアで、離婚しないって言ってるしね]

そうか、南半球とは遠い。

「別居生活21年だし、奥さんは恋人と暮らしてるしね」

なんだか・・・ややこしそうだけど、おおらかなんだな。

こっちは、狭い日本の関東の片隅で、

不仲な夫と一つ屋根の下、毎日いがみ合って暮らしているので、

そういう人生もアリだと思います。

どっちにしても、

最後はひとり、

それまで不義理をせず楽しく暮らせたら、それでいいのじゃないかって。

お金、ない、ない、とぼやきながらでもね。

でも、出来れば、月に一度はウナギ食べられて、

一つ、何か欲しい買い物ができて、

お医者に掛からず、好きなカレールーが買える。

雨にも負けずになってきたけど、ソウイフモノニ、ワタシハナリタイです。

IMG_1769 - コピー

そんな事より、

履歴書、また日付の上書きだ。

これが、人生最後の履歴書にしたいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!
 


『同じく私も底辺生活予備軍よ』へのコメント

  1. 名前:アソポン 投稿日:2016/02/11(木) 10:45:59 ID:6810fe8e7

    就活苦戦されてますね。
    ダメ女さんの苦戦ぶりを見て
    証券会社のコールセンターは応募しても無理だな。等参考にさせて貰ってます。
    なので嫌々大阪市丸投げのキチキチの職場で、ランチジャー、水筒、ペットボトル、ゴミ持ち帰り、外回りアリで時給交通費なしの1050円の仕事を続けています。
    荷物がデカ過ぎてお財布は小銭入れしか持てません
    他も探しながら密かに就活は続けます。

    恋愛体質の人っていますよね。
    美人じゃなくても身だしなみには気を使い恋愛オーラが出てるんで不思議と男性が話かけてくるんですよねぇ。
    私は恋愛よりお金ですけどね

    就活頑張ってくださいね✨

    • 名前:だめ女 投稿日:2016/02/13(土) 09:20:35 ID:085b81157

      アソポン様、
      証券、でも受けてみないと、わからんですよ、
      確かに就労年齢は40代まで、というの多いけど。
      私は今から覚えるのも大変そうなので、一抜けます。
      恋愛オーラいいですね。でも、私もお金の方です、
      いままで何してたのだろう、と思うくらいお金ないのですわ。