どうしよう、私の生きがい、終了だ・・・。

◆広告エリア

工場勤務、粛々と進めております。

謙虚な気持ちで向き合う、これが現在の信条、なんだけど、

実際、工場の仕事が「へー、面白い!」と感じたのは最初の1時間だけ。

まあ、こんなものですね。

しかし、高齢が多い。

20代の若い子もポチポチいるけど、なんでこんな所に来るのだろう。

ここには、オシャレなパンプスも美味しいイタリアンランチもないのに。

いるのは、頑強な体のオバサンとオジサンだけだ。

そして、皆、うつむき加減で、表情も暗く、寡黙だ。

何か事を起こしたのかと、あらぬことを想像したりしてしまう。

同じ8時間を共有するのだから、コミュを持って楽しく過ごしたいけど、

とりつくしまもな感じです。

仕事はベルトコンベアで流れてくるプラ容器に、お菓子を詰めていく。

仕事のノーハウは特になく、これさえできたらOKだ。

お菓子の容器は、よくコンビニで配送のトラックから降ろされたあんな大きな箱で、

お菓子が入ると、かなり重い。

ここで、介護の仕事を思い出した。

そうそう、腹に力入れて、腰に負担をかけない方法。

何がどこで、役立つかわからないな、と頭の裡はグルグルまわる。

会話は殆ど、無い。

表情筋、老化するなぁ・・・また、顔のお肉、垂れるな、と考えたりしながら、

一日が終わった。

クラクタ。重労働ではないけど、立ち仕事で多少は重いものも持つ。それが、何度も。

大丈夫かな?自信喪失、かなり疲れるけど、・・・・頑張ります。

毎週の楽しみが、もうすぐ無くなる。

私にとって、笑われるかもしれないが、かなりのプチ生きがいなのに・・。

終わってしまう。どうしよう、気持ちの整理ができない。

「天皇の料理番」何回もTBSオンデマンドで見てます。

音楽が生だからすごくいい。

俳優さんの演技はもちろん、パリの街並みもステキだったし、

明治時代の煉瓦の建物も、きっと丸の内の三菱1号館美術館参考なんだろうと思う。

2011.12.17 008

このあたり、テリトリーだったのでよく行きました。

時代考証も、かなりリアルに忠実に表現されていて、

見ている者は余計ワクワクする。

昭和を約半分生きて来た者にとって、

大正・明治は、まだまだ身近な存在だ。

兄やんの周太郎は前回で死んだので、徹底してストイックな鈴木亮平さんとは会えない。

周太郎が篤蔵に書いた手紙が、何度も出てくるが、

あの手紙の言葉の中で、

「・・・・・この世に生まれ 職も成さず家もなさず なにごともなし得ずに終わっていくであろうおれに、誇りを与えて欲しい。

おれの弟は帝国一のシェフになったと、それはおれのおかげでもあると、胸を張らせて欲しい
篤蔵、パリへ行け!おれの命を抱いて飛んでくれ!」

このパリへ行け、おれの命を・・・・飛んでくれ、でまたまた思い出した。

篤蔵ちょっと前に生まれた歌人、与謝野晶子の「君、死にたもう・・・」などは、

まさに篤蔵の生きた時代で、

与謝野晶子は珍しく、詩も作っていて、

1年前にパリ発った鉄幹を追い、仏に発つ。

それは鉄幹への思い、渡仏した彼への熱い感情を表現していて、これがスゴイ。

最後の2行が卓越だと思う。飛ぶという字は出てこないけど、飛んでいくのですよね。

旅に立つ   与謝野晶子
いざ、天の日は我がために
金の車をきしらせよ、
颶風の羽は東より
いざ、こころよく我を追へ。
黄泉の底まで、なきながら、
頼む男を尋ねたる、
その昔にもえや劣る。
女の恋のせつなさよ。
晶子や物に狂ふらん、
燃ゆる我が火を抱きながら、
天がけりゆく、西へ行く、
巴里の君へ逢ひに行く。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!