今朝はつくづく悲しかった、おもわず・・・。

◆広告エリア

おもわず、死んでくだ・・・お隠れ下さい、と思った。

この世に存在するべきじゃないと思いました。

いきなり物騒な事を言いますが、今朝はホント、つくづく悲しかった。

職安で紹介してもらい、50代後半での就職が決まり、

夕食の食卓で、娘に話していた。

夫は居間の隣の和室で扉を閉めて寝ていた。はずだ。

今朝、顔を合わすなり、いきなり言った言葉は、

「時給いくらくらいで働くつもりだ」

「どうせ働いても、家にいれないのなら無駄だ」

「電気代とかかかってるんだからね」

はあ?一瞬固まったなぁ・・・。

なんで私がこの家にお金をいれないといけないのか。

私は生活費、4万しかいただいてませんが。

そういう夫は、昨日・今日と連続ゴルフ・・・バカも休み休みいってほしい。

男もここまで来ると、もう恥も外聞もない。

情けない、カッコ悪いとかもう、別の次元だ。

もちろん、私の働いたお金は全部、使途は決っている。

・一ヶ月の支出

① 生保・損保(母・娘)         50,000円

② 通学交通費             12,000円

③ 食費 (母・娘 外食含む)     55,000円

④ 生活用品               10,000円

⑤ 年金(母のみ)            15,000円 これは社保に切り替え

⑥ 学費月割り             160,000円

⑦ こずかい(母・娘)          20,000円

⑧ 娘携帯 (母は会社契約で夫口座から) 10,000円

合計すると家賃・公共料金を除いて、学費を除いても17万のお金が必要。

これには医療費も高い参考書も、冠婚葬祭も含まれていない。

生保が高いのは、年金その他のあり、後年で払い済なので、このまま続行。

結婚というものは、女性にとって、最大の人生選択で、

よりにもよって、なんでこんな男と結婚したのかと・・・・さすがにわが身を恨む。

しかし、ここで、悩んでいると間違いなく、病気になると思う。

十二指腸潰瘍くらいで済まないな。

なので、一瞬奈落の底の落ちたら、次の瞬間はすべて忘れる事にしている。

全て忘れて這い上がる。

大丈夫、命まではとられない。

生きていたら、楽しい人生はすぐ目の前にあるのだから。

ここが辛抱のしどころ。

おんな50代、今日も明るく生きていく、べし。
2013.08.30 001

今朝の朝焼け、

朝日も見ました。

パワー頂きました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!