夜逃げせずに済みそうだ・・・でも、一難去ってまた一難・・・(・_・;)

◆広告エリア

長い一日だった。

我が家の、長い一日、だったと思う。

昨日は、朝礼が終わる時間をめがけて、

取引を切られた会社に行った。

もちろん、アポなしもいいとこで、

イチかバチかだった。

夫が水曜にゴルフに出かけていたので、

多分、木曜なら大丈夫、そんな賭けだった。

1時間待った。

社長と専務が来られて、

挨拶のあと、専務と話をした。

実質、専務が采配を握っている会社なので。

謝罪、以外は言い訳も何もないが、

夫は細かい人間なので、仕事の技術的な事だけが売りなので、

何度も、二度とこのような事態にならぬよう、

また、繰り返すこともないと断言し、

仕事をさせていただきたい旨、何度もお願いした。

話は聞いてはもらえた。

ところが、当の本人は、同席していない。

〇〇さんとも、直接、お話しておきたいことがある、という事になり、

慌てて、夫を呼び出した。

脈があるかもしれない。

何をしているのやら、

また、そのまま応接室で待つ。

1時間半ほどして、やっと夫が現れた。

まさか、ダウンにGパン姿で来るとは予想外だった・・・(・_・;)

失敗した・・・そこまで指示しなかった・・・

しかし、来たものは仕方ない。

専務も交えて、

「今、奥さんからお話しを伺っていたのですが・・・」

で始まり、今度は話は短かった。

先方も師走だ、忙しいのだと思う。

結論として、完全には切られなかった。

しかし、夫の後任は既に決まっており、

仕事は、半分にカットされた。

まだ、信用はされていないようで、

「まあ、来年1年様子を見て・・・」というような話だった。

半分・・・・

半分でも、仕事がもらえるのは、こんなに有難いことはない。

しかし、半分というのは、従業員の給与で消える。

資材費・トラックの維持費・税金関係一式・生活費

それを、どこから調達するかだ。

とにかく、半分は確保することができた。

ホッとして、腰が抜けそうになったが、

気合をいれて、挨拶をして、

久しぶりに、夫の運転する車に乗って取引先を後にした。

車の中では、何も話さなかった。

考え事をして、夫と心中になっては、死んでも死にきれない。

それに、ドッと疲れた。

自宅に帰ると、

夫の古い知り合いに紹介してもらったと、

別の会社で少額なら頼めると言い出した。

そういう話は、もっと早くに報告すべきだと思ったが、

直近で返事が来たらしい。

そっちの仕事もするが、全く足りないという。

じゃあ、ゴルフを止めたら?

月に10万以上は浮くと言ってみた。

資材もロット数の多いところで、安く大量に入れる。

始末をすれば、借入をして、来年をクリアできるかもしれない。

少し、希望が見えてきた。が・・・・・

呆れた。

まさかの返事だった。

「〇〇さんが(私の事である)、働いて、協力してくれないと困る。」

「家にも入れてない」

「電気代だって、だれが払っていると思ってるんだ」

・・・・・・始まった・・・(-_-;)

生活費も、経理の事務費も、もらっていないのに?

その上、お金を家に入れろと???

あんまりな気がする。

ケンカになりそうなので、

計算して、考えてみる、

という事になり、

一夜が明けた。

仕事は腹痛、という仮病で休んだ。

どうにも、気力が萎えてしまった。

そして、まだ、考え中だ。

とりあえず、夜逃げはしなくて済みそうだが、

倒産の危機は、そのまま継続だ。

かなり厳しい。

矢張り、危ないのに変わりはない。

従業員を一人、カットすれば何とかなるが、

それは、絶対したくない。

来年中には、老後貯金が始められると喜んでいたのに・・・・

見事に、遠のいてしまった。

公共料金かな・・・私の担当するのは・・・

いやいや、電気代の基本料金は1キロだ、高いぞ・・・

何のために働いているのだろう・・・

しかし、家賃と思えばいいのかも・・・

今晩も、考えてみます。

サクサク、割り切って考えようと思う。

とりあえず、夜逃げせずに、正月を迎えられることになったです。

心配かけました。

すみません。

まだ、まだ、これからです、

頑張ります・・・、頑張ってるつもりだけど・・・頑張ります。(・_・;)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
*いつも応援ありがとうございます!